瀬板を楽しくプレーする為のマナー

お客様に、美しいゴルフ場で楽しくプレーして頂くためには、「楽しくプレーする為のマナーを推奨いたしております。

当コースはセルフプレーとなっております。「楽しくプレーする為のマナー」=『瀬板マナー』を気にしてプレーして頂けると幸いです。

瀬板マナー1(常識マナー)
●コースへのご来場時のマナー
ご来場される際は、ゴルフに適した格好でお越し下さい。
ランニングシャツ、作業着、サンダルなどでのご来場はマナー違反となります。

●駐車場でのマナー
駐車する時は、駐車スペースに正しく枠内に駐車して下さい。また、身体障害碍者用スペースは健常者の方のご利用はご遠慮下さい。

●持ち込んだゴルフバックには、ご自身の名札を付けるマナー
同じゴルフバックまたは、似たゴルフバックがたくさんある為、お取り間違えのないようご自信の名札を付けてください。
名前を付け忘れた時は、スタート室(クローク)のスタッフにお伝えください。

●ゴルフ場での喫煙
灰皿がない場所は禁煙となっておりますのでご協力お願いします。
くわえたばこでのプレーは厳禁です。

●素振りする時のマナー
ウォーミングアップなどでの素振りする場合は、周りに十分に注意して行って下さい。なお、他のプレーヤーがいる方向に素振りをすると、大変『危険で失礼な行為』となりますのでご注意下さい。

●プレーのペース
スロープレーは、後続組みに大変迷惑を掛けてしまいます。プレーはスムーズに行うようお願い致します。
当コースではハーフ2時間から2時間20分を目安にプレーして頂いております。ハーフ2時間30分以上かかるペースでプレーされている組には、コースマーシャルがプレーのお手伝いする場合がございますのでご協力お願い致します。
2時間以内でプレーする方は、前方の組のペースに合わせたプレーをお願い致します。

瀬板マナー2(プレー中のマナー)
●打ち込み禁止のマナー
前方の組が十分に前進するまでは、後続組はプレーしないようにして下さい。信号機を設置しているホールもありますがカートの位置に対して信号機が反応するようになっています。カートより後方でプレーされている方もいますので、信号が青になっても『間をおいて』前方の組に十分に注意しプレーして下さい。
打ち込みは、大変『危険で失礼な行為』です。場合によっては、『悪質』と思われる場合があります。

●グリーン面の修復マナー
ボールマーク(球が落下した時に生じた傷)は、ご自身だけでも修復して下さい。
ルールでは、ライン上にあるスパイクマークは修復できないとなっていますが、当コースの『ローカル・ルール』では、スパイクマークなどの傷は修復できるようになっています。美しいグリーンを守る為に、ご協力お願い致します。

●ターフは元に戻し、ディボットには目土するマナー
ショット時に切り取った芝をターフといい、そのターフを戻せる時は出来るだけ拾い集めディボット跡に埋めましょう。
ターフを集めるのが困難な場合は、ディボット(芝を大きく削った時)は、カートに積載している目土袋にある土(砂)でディボット跡を埋めましょう。特にショートホールは来場したお客様が同じ位置からショットを行う為、ディボット跡が多く見られます。
ディボットに気づいた時は、目土をしましょう。

●バンカーは正しくならすマナー
バンカーショット終了後、荒れた砂地、足跡をならす行為は常識です。しかし、ならしたように見受けられる状態でも凸凹になっていたら意味がない。バンカーをならす時は、平坦にきれいに正しくならしましょう。

★当コースをご利用される際はもちろん『瀬板マナー』、他のゴルフ場をご利用される際も『正しいマナー』をしっかり心がける事により、ご利用される方が楽しくプレーでき、『マナーアップ』『スコアアップ』に繋がる事を、お願いと応援させて頂きます。